• 老健では全国的にも数少ない常勤の言語聴覚士(ST)がいます
  • PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)がそろっています

   例えば「安全に食事がしたい・・・」
    ○姿勢よく座る(PT)
    ○食べ物を口に運ぶ(OT)
    ○噛む・飲み込む(ST)






言語療法ではこのような方のリハビリができます


○食事でむせこみが強くなってきた人
食欲低下と脱水症状があり、口や全身の筋力が低下し、むせやすくミキサーにかけた食べ物しか食べられなくなった。(嚥下機能低下) 


○右片麻痺で言葉が出にくい人
本人が言っていることを周りがわかってあげられない。周りが言っていることも理解できているかわからない。いつトイレに連れて行ってあげれば良いかすら判断できない。(失語症)  


○発音が聞き取りにくい人
お腹の力が入りにくく、話すと音が途切れてしまう。また、舌の力が弱くなっていて音が聞き取りにくい。(構音障害)

言語療法の進め方

○食事でむせこみが強くなってきた人
 ⇒今、食べている食事が適切か判断し練習を行います
○右片麻痺で言葉が出にくい人
 ⇒意思確認がしやすい方法を考えます
○発音が聞き取りにくい人
 ⇒ご家族様や周囲の方の支援もします









家族と同じ食事を食べる練習

・しっかりと食事を取り込むために舌、口唇に力を入れる練習を行います。
・段階的に飲食形態をアップして、摂食方法を学習します。


コミュニケーションに自信をつける練習

・日常コミュニケーションの練習をします。(物の名前を言う、あいさつをする)
・音読や歌唱をします。(好きな歌、新聞の音読)
・コミュニケーションボードを利用した意思確認の方法を学習します。


※環境に配慮して個室で行います。

週間スケジュール例[入所]

短期集中リハビリの場合:週2~3回まで

※短期集中リハビリ期間終了後は、医師の指示により継続可否や回数を検討します。
※いずれも1コマ20分間

通常の場合:週1~2回まで

※いずれも1コマ20分間

週間スケジュール例[通所]

短期集中リハビリの場合:週2~3回まで

※短期集中リハビリ期間終了後は、医師の指示により継続可否や回数を検討します。
※いずれも1コマ20分間

通常の場合:週1~2回まで

※いずれも1コマ20分間